FIREWORKS


2012年、バンコク駐在を終えて日本帰国…。
by bottoms5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

カテゴリ:旅( 2 )

驚愕のインド~最終レポート~

今回がインドレポート最終回。

色々と街を案内していただいた後、一旦ホテルへ戻りチェックアウトを済ませ、さあこれから最後の晩餐@ラディソンホテル・・・というちょうどその時・・・・とうとう来ました。波の様に押し寄せる胃部・腹部への違和感。一度トイレへ行き、上から下から思いっきり出し尽くしてとりあえずは収束。「あぁ、コレは違うな。きっと疲れか何かで体調崩したかな?」などと自分に言い聞かせて、食事へ出かけました。

しかし・・・ダメでした。せっかくの高級ホテルでのイタリアンも、大好きなベルギービールも殆ど口に出来ませんでした。それどころか段々悪寒までしてきて・・・。

駐在員Yさんには「大丈夫か??」と心配をかけてしまい、更にSさんには抗生物質&強力下痢止めまでいただき・・・・空港まで送っていただきました。全くお恥ずかしい限りです。この頃悪寒は更に悪化。インドなのに寒くて寒くて・・・・きっと結構熱があったんでしょうね。

さて、バンコクまでのフライトに耐えられるか・・・という不安を抱きつつ、タイ航空のチェックインカウンターへ向かいました。
が・・・まあ空港職員のチェックイン手続きの遅いこと、遅いこと。一体何に手こずっているのか、僕の並んでいる列は一向に短くなりません。立っているのも辛いのに、しかもいつ次のビッグウェーブがやってくるかもしれないのに・・・イライライライラ・・・。
その時突然、あろうことか僕の並んでいる列のカウンター職員がおもむろに立ち上がってどこかへフラフラ~と歩いて行ってしまうではありませんか。そして・・・彼は結局戻ってこず、僕の並んでいる列はそのままゴッソリ隣のカウンターの列の最後尾へ・・・。あり得ません。しかし怒鳴る気力もありませんでした。

そうこうしながら何とかチェックインを済ませ、今度はイミグレーションへ進みましたが、ここでも全く同じような状況に見舞われました。職員は、穴の開くほどパスポートを眺め、ページをぺラぺラめくりながら白紙のページまで入念にチェックし、またページを閉じては眺め・・・。一体何を確認してるんでしょうか。子供が珍しい貝殻でも拾ったかのような行動です。大げさではなく、人によっては10分くらいかかってたんじゃないでしょうか。出国審査に。ホントですよ?ホント。
しかも突然あっちのカウンターは業務停止、こっちのカウンターは業務開始・・・。嫌がらせか!(笑)

やっとイミグレーションを通過した時にはフライトの25分前。更に目の前には最後の関門『手荷物検査場』・・・。ココも同じような状況だとしたら、職場のみんなへお土産を買うどころか、搭乗時間にさえ間に合わないんじゃないか・・・と心配しつつ、いくつかある検査場の職員の顔つきをジックリと眺めながら、仕事の速そうなヤツに狙いを定めて・・・。ココは案外フツーにクリア。それはそれで拍子抜け(笑)

結局、搭乗口まで小走り(ケツに力を入れながら)で、何とか搭乗時間に間に合いました。
ちなみに、空港に送っていただいたのはフライトの2時間以上も前でした。インドへご旅行の予定がある方、インド出国の際はフライトの3時間前を目処に空港に到着されることをお勧めします。

機内では、毛布以外の機内サービスを一切受けず・・・先ほどより激しさを増した悪寒と戦いながら・・・何とかバンコクへ帰り着きました。ちなみに翌日、会社を休みました(笑)

・・・と、最後に洗礼を浴びた初のインド出張はこうして幕を閉じた訳ですが、いや本当に凄かったです。インド。何というか・・・ああいうのをカオスっていうんじゃないかって思いました。
インフラの整備一つとっても、日本のように何となく全体が底上げされていくという感じではなく、ある一部は捨て置かれ・・・ある一部は猛スピードで進んでいるという印象。公共事業の優先順位の決定要因にさえ、カーストの影響が残っているっていう事なんでしょうかね・・・。高速道路の自動料金徴収ゲート(日本のETC)を作るくらいなら、その前に崩れた歩道の改修や道路の舗装が先じゃないの??って思ってしまいました。

インドの人口は12億人。経済成長も著しく、市場としての可能性も未知数。これからはインドが我々自動車メーカーの主戦場になる事は間違いありません。
しかしながら、ニュースや新聞、あるいは各種の経済指標・データで見る急成長振りをそのまま肌で感じるという事は正直できませんでした。むしろ『ホントにこの国が急成長して大丈夫なんだろうか・・・』、『この国にとって、急激な経済成長はプラスになるんだろうか・・・』みたいな事ばかりが印象に残っています。

強烈な体験でした。生で見なければ分からないことがたくさんあります・・・。

e0178316_1585789.jpg
e0178316_225764.jpg


また行きたいです、インド。しかし次回は決して生野菜は食べないことにします(笑)

*************************************************
ここを・・・ポチッと。
  ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by bottoms5 | 2010-08-19 02:05 |

出張レポート ~驚愕の国・インド⑤~

まだ続きます、インドレポート。しかしこれで最終日です。滞在4日目。
この日は休日ということもあり、ニューデリーの街を観光視察です。

帰りのフライトは深夜便だったので、先輩方にほぼ1日お付き合いをいただきました。改めまして、この場を借りて御礼申し上げます。貴重な休日をスミマセン・・・。

さて、まずは昨日の予告どおり“ニューデリーの表参道”へ連れて行ってもらいました。
e0178316_0242732.jpg

まあ・・・表参道といえば表参道です(笑)遠くからメガネを外して眺めれば。
e0178316_0284742.jpg

・・・ココでも生きているか死んでいるか不明な人を発見しました。↓(写真中央)
e0178316_033425.jpg

この時、ワタクシ思わず「あ。・・・死んでる」と声に出して言ってしまったのですが、それを聞いた駐在員Sさんは、何気なく近づいて確認し、戻ってくると僕に向かって「いや、生きてますね。だって腕が頭の上にありますもん」って言ってました。
・・・今考えても正直、意味が分かりません(笑) そんなの頭の上に手を乗せたまま死んだかも知れないじゃん!・・・って思いますが、その時は何故か「なるほど・・・」って言ってしまいました(笑)

そして次は世界遺産・・・
e0178316_0433743.jpg

そして車で移動・・・
e0178316_0472977.jpg

今度は高級ショッピングモール・・・
e0178316_0504022.jpg


・・・ハァ、ハァ・・・。すごいギャップです。頭がついていきませんでした。本当に。一体この国の構造はどうなっているのか・・・。滞在4日目にして、ますますインドという国が分からなくなってきます。普段暮らすバンコクもかなりアメージングですが、インドに比べりゃごくごく普通の国に感じてしまいます。

しかし今になってふと気づく事があります。それはインド滞在中に見た光景の中で、強烈に脳裏に焼きついているシーンがいくつかあるのですが、そういう場面の写真は殆ど撮れていません。200枚くらい撮ったのに。本気で驚くと写真を撮る事なんて頭から吹っ飛んでしまうんだなぁという事が良くわかります。
そんな中、印象的なシーンで写真も残っているのがコレ↓
e0178316_152638.jpg

何か癒されました。リス。

さて次回はレポート最終回。
これが大変だったんです。。。。
[PR]
by bottoms5 | 2010-08-18 01:09 |


検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
フットサル始めました
at 2013-04-20 07:53
久しぶりに。
at 2012-07-20 11:31
タイの男は・・・
at 2011-06-09 12:18
物欲
at 2011-06-08 13:41
at 2011-06-06 13:39
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧